2008年5月15日木曜日

ルールについての回答:例外的な交代について

 5月13日のコメントに載っている質問に回答します。ソフトバレーボールの場合、年代別で構成している交流大会が多いのが特徴です。そのために、全国大会などでは、傷や病気でやむをえない場合、例外的な交代で「低年齢者に代わり高年齢者の同性のものが交代する」ように定めています。ブロンズの全国大会というものは存在しませんが、スポレクやシルバーの年代別で構成する全国大会ではこのような例外的な交代は許されています。
 「これらの場合、同じ条件の者と(Ⅱ-1の条件)の者と交代する」という文言は分かりにくいですね。これは、「同性・同年代での交代、ファミリーでは小学生同士、大人の同性同士での交代」という正規の交代を意味しています。
 「低年齢者に代わり高年齢者・・・」の文言は最近になって追記された文言です。 「例外的な交代」はなるべくゲームを楽しんで頂こうという配慮からできたルールです。このあたりの注解はⅣ-4セットの没収の項に述べられていますので眼を通して下さい。なお、全国大会につながっていない県大会以下の交流大会ではこの限りではありません。なるべくゲームができるような配慮あるローカルルールを適用してソフトバレーを楽しんでください。例えば、男性の代わりに女性が入ってもローカルルールであれば問題ありませんね。そのようなことも配慮して要項を作成している主催者は実際多いです。
 Have a nice game!

1 件のコメント:

1ファン さんのコメント...

ありがとうございました。
お忙しいところ早速のご回答、大変嬉しいです。

これからもブログ楽しみにしております。