2017年9月23日土曜日

Sep.23, 2017   明日は4年ぶりのソフトバレー講習会講師

2014年までは、日本バレーボール協会公認ソフトバレーボール リーダー養成講習会の講師を年に3度はどこかの県で務めていました。

その後、カンボジアに活動の拠点を移してからは、当然ですが、講師を務めてはいませんでした。明日の講習会では、実技指導もありますので、昨夜はゴムボールに慣れるために、半年ぶりに墨田区のソフトバレーボールチームのジールさんにお邪魔してゲームに混ぜていただきました。

そして、本日午後の高校女子の練習試合の指導を終えて、東京駅から新幹線に飛び乗って愛知県一宮市に夜の9時過ぎに着きました。

久しぶりのソフトバレーボールの講習会、少し緊張しています。

2017年9月5日火曜日

Sep. 02, 2017   Vチャレンジ1部の代表者と会食

今夜は、Vリーグチャレンジ1部男子チームの代表者の方と都内で夕食を共にしました。

その方は代表者であると同時にチームを設立された方でもあります。チームを設立されるまでのお話をお聞きしました。

県中学選抜選手に選ばれたこと、高校バレー部で孤立したこと、社会人として仕事を認められたこと、バレー部を設立して現在に至る過程をお聞きすることができました。

その方の日本バレーの歴史では、1990年以前の知識が希薄でしたので、私のほうから東京オリンピックからソウルオリンピックまで概観して説明させていただきました。

時代の流れは早いものです。人の記憶に残るのは1番だけです。2番以降は脳が覚えようともしません。しかし、我々は2番以下からも学習することができます。1番からは勝者になるための学習が、2番以下からは、敗者になってしまった学習がそれぞれできます。

学習には学んで無駄というものはありません。但し、そこには優先順位が必要です。なぜなら、我々に与えられている時間は限られているからです。