2017年5月18日木曜日

May 18, 2017   ママさんバレー教室のスタート

昨日から船橋市生涯学習課主催の「ママさんバレーボール教室」が7回シリーズでスタートしました。

私にとっては、カンボジアから戻って、3年ぶりの主任講師復帰です。

毎週火曜日の午前中に運動公園体育館3面を使って開催しています。参加者は69名です。年代は30歳代と40歳代が中心です。初心者対象ですが、かなり上手な参加者も多く、ついつい基本事項の説明を抜きがちになります。

「基本の基」は、ベテランになっても時々思い出し基本に戻ることが必要になります。勿論、そこから「基本」の概念が変わる場合もあります。

例えば、バレーボールで「正面でボールを取りなさい」とよく指導します。しかし、この「正面」という概念は、最近「真正面」と「横正面」(私が作った造語です)という考え方に変化してきています。特に、レセプション(サーブレシーブ)でボールが身体の胸のあたりに伸びてきた場合など、真正面でボールを受けると腕を上方にあげすぎてボールをコート後方に弾いてしまいますので、身体を斜め横にして腕の面をターゲットに向けてボールをコントロールします。

「教室」という名称になっていますが、指導方法は講師からの一方通行にならないように「クリニック方式」で行っています。つまり、どなたか上手くその技術を実行できない方に前に出て頂き、3人のコーチ陣がスポーツ科学の見地からアドバイスを行うという方式を取っています。

目の前で、今まであるプレーが上手くできなかったママさんが、たちどころにできるようになる様を見て参加者は驚いています。

私を含めて3人のコーチ陣を私は「コーチGG」と呼んでいます。正式には「コーチ・ジィジィ(爺)」の略です。NHKの健康番組に「総合診療医 ドクターG」というのがあります。その場合の「G」は、General(総合)という意味です。

我々「コーチG」は60歳以上が2人、70歳以上が1人の計3人です。


2017年5月11日木曜日

May 11, 2017   中学男子が県大会出場権獲得

先週から指導を始めた浦安市内9校のうち唯一男子バレーボール部のある富岡中学が先週末の県総体ブロック(市川市・浦安市の計9校)予選会にて第3位になり県大会にコマを進めました。

チームには力強いスパイクを打てる3年生が2人います。セッターもそこそこです。そこで、試合前に私のアドバイスは「シンプルに攻めよ」でした。2人のスパイカーにボールを集めて打たせるという戦術です。

スパイカーは決めた後に、レシーバーとセッターに感謝の言葉をかけるということも厳命しました。決めたスパイカーだけがガッツポーズを取っているのではなく、身を挺して相手のスパイクボールを拾ってくれたレシーバー、そして丁寧にセット(トス)してくれたセッターに感謝の言葉をかけることでお互いの信頼関係、遣り甲斐が増すということを指導しました。

指導したことを、きちんとやり遂げ、1回戦で昨年の県大会準優勝チームを破った中学生たちはすごい奴らです。

May 10, 2017   6月の総体に向けて

本日は、私が外部コーチしている高校女子チームについて経過報告をします。

昨日は、男子バレーボール部が1セットだけ練習試合をしてくれました。170cm前後の男子部員を集めてBチームに入ってもらいました。

序盤は、女子チームは互角に健闘したのですが、男子の高いブロックに慣れていないせいで、中盤から随分とブロックに捕まるようになってきました。13点目あたりに長いラリーがあり、このラリーを取られた女子チームは根負けしたようで、そのまま終盤まで男子に点数が入り25-15で30分1セットゲームを終了しました。

全体の練習時間も1時間半と短く、練習ゲームでの課題を練習する時間もありませんでした。

それでも、明後日からの練習課題を再認識することができました。

まず、スタートに集中してプレーすることです。特に攻撃的なサーブ順を敷いているので、1番から3番のサーバーの時に点数を最悪でも8-6とリードする展開を行うということです。スタートアップの練習、8点ゲームを数多く行う必要があります。

次には長いラリーを制することです。ラリー中にスパイカーはすぐに決めようとして無理な体勢でも強打を打とうとします。その時にミスが生じます。女子の場合は体勢が崩れれば、なかなか強いスパイクを打つことができません。そこで、つなぎのための緩いコントロールしたスパイクが多くなります。その時に良い状態になるまでボールを繋いで繋いで粘って粘ることです。

この粘りを養うために、「ラリーゲーム」の練習中にボールを床に落としたプレーヤーに繰り返し同じプレーを5回~10回やる必要があります。ミスして、口頭で注意されておしまいでは、また同じミスします。その場で同じ状況を作って繰り返し行うことです。良いプレーが出た時も、その場で数回繰り返すことで成功体験が身に付きます。

私が指導している現在の高校は超進学校ということと、夜間部の体育の授業が18時30分からあるので、他の高校と比べたら練習時間は半分ほどです。今週も練習休みは、通常休みの2日を入れて4日間です。他の2日は通常授業の後に東大と医学部受験対策講座があり、部活はできません。

2017年5月7日日曜日

May 07,2017   読者からのお叱り

元全日本女子バレー監督の岩本先生から、このブログの更新(アップデイト)が遅い!と、お叱りの電話を頂きました。😅

長文を読むのは目が疲れるから、3行にしなさい、とアドヴァイスを頂きました。今後は、そのように致します。

2017年4月25日火曜日

April 23, 2017   高校女子バレー関東大会ブロック予選会を終えて

22日、23日と高校バレー関東大会の船橋地区の予選会に13校が出場し、開催されました。

私が昨年10月からコーチを務める県内では超進学校である県立高校女子バレーボール部も出場しました。結果は惜敗でした。前回の県新人戦地区予選会も最後の決定戦で体力不足から6位-7位決めで惜敗していました。

今回は勝てば、ベスト4以上になる試合をフルセットで敗退しました。相手は、市内でベスト4常連の高校です。特に1セット目を27-25で落としたのが3セット目の体力勝負に影響しました。

それでも、生徒たちは、昨日とは見違えるほど溌溂としてプレーしました。これには役員や父母たちも驚いていました。

実は理由があったのです。

22日のリーグ戦で1勝1敗の成績で、翌日23日のトーナメント戦に臨みました。1つ勝てばベスト4。そこから2チームが県大会にコマを進めます。

ベスト4に残れば、2ヶ月後の県高校総体地区予選会でシード権を取れます。その意味でも、何とか勝ちたかったのです。

23日の朝、私はいつもより早く目覚めました。そして、しばらく布団の中で目を閉じていましたら、どこからともなく声が聞こえてきました。

「勝ち負けよりも、感謝の気持ちを持つことが、まず大事です。今日コート上でプレーできることだけでも素晴らしいことではないですか?」

試合会場に行き、私は生徒を集めて次のように言いました。

「君たちの実力は着実に付いてきている。あとは、ゲームの時に平常心でプレーすればよいだけだ。ところが、君たちは余計なことを考えすぎている。試合前には、相手は強そうだとか、試合中にはリードすれば勝てそうだとか、リードされると負けるかもしれないとか...。それらは余計なこと。大事なことは、直前のプレーに大きな声を出して、集中してプレーすること」

そして、生徒たちに右手で自分の心臓に手を当て、心臓の鼓動を感じさせました。今日のゲームに出場できるのは両親のお陰、家族のお陰、先生たちの指導のお陰、ともにプレーする仲間のお陰、そして、対戦してくれる相手チームと審判団、運営してくれる役員先生たちのお陰ですと感謝の気持ちを思い、それから思い切ってプレーしなさい、と言いました。

生徒たちは、すぐにその場で言われたとおりにやりました。そして公式試合でも同様にやりました。
ご父母の方達は「おや?」と思われたのでしょうね。試合後に質問されました。

「あれは何かの宗教の祈りですか?」

「いいえ、日常の当たり前のことに感謝していただけです」

そう言えば、バレーボールの講習会で講師の私は受講者の方たちからよく質問されていました。

「どうすれば勝てますか?」「どうすれば強くなれますか? 上手になれますか?」

私は白板に次の言葉をよく書いていました」

感謝、感動、寛容

つまり、心の指導ができてこそ技術や戦術、体力が生きてくるということです。

生徒たちが、私が言った当たり前の言葉に共感したのは、生徒達と私との間に信頼関係ができているという証なのでしょう。

きょうでまた一歩、前に進みました。

2017年4月24日月曜日

April 17, 2017   中学男子バレー部の外部コーチを引き受けました

昨年の10月から県立高校女子バレー部の外部コーチに就任しています。週5日指導しています。

先週、千葉県小学生バレー連盟理事長で浦安市バレー協会副会長でもある方から外部コーチの依頼がありました。対象は、浦安市内に9校ある中学校の中で現在男子バレー部の存在しているのがわずか1校になってしまったので、廃部させないためにも私に外部コーチに就任して欲しいということでした。

現在私は、県立高校の外部コーチをしています。練習の効果は出ていますが、まだ生徒たちの目標の県ベスト16を達成していません。それで、とりあえず、中学校の方に伺ってお断りしようと本日行ってきました。

学校では、既に校長、教頭、2人の顧問、父母代表の計5人の方達が私を待っていました。そして、学校行事に関する書類、部活のスケジュール、市教育委員会に提出の書類など揃えて私に現状の説明を丁寧にしてくれました。

市内で中学校男子バレー部が活動している、たった一つのその中学校に入学するために部員の多くは遠くから通学しているようです。

結論として、私は外部就任をお断りすることは、できませんでした。指導日は土・日のそれぞれ半日。中学としては、私が現在指導している高校の指導時間に合わせて、今後時間帯を動かしてくれると言ってくれています。

報奨金も市教育委員会の規定に則って出ます。県立の場合は報奨金は出ておらず交通費が部費の中から出ています。

そうそう、そこの中学校の魅力を聞きました。なんと体育館が冷暖房完備ということです。極端に暑い日、寒い日にはありがたいですね。カンボジアには、クーラー付きの体育館は皆無でしたが、日本の浦安市の小・中学校全てにはエアーコンが完備されているということです。これは、震災時に避難される住民のために整備されたと聞きました。

2017年4月13日木曜日

April 8,2017   アジアユース:日本男子が初優勝

 バレーボール男子のアジア・ユース選手権は5日、ミャンマーの首都ネピドーで決勝が行われ、日本は3―0で韓国に勝ち、1997年に大会が始まって以来、初優勝を果たしました。この大会の上位4チームに与えられる世界ユース選手権(8月、バーレーン)の出場権を獲得しました。

これで、先にアジア6連覇を成し遂げた女子のユースともども、男女ともアジアナンバーワンを成し遂げました。この優勝で得た自信は大きいですね。世界ユース大会での活躍を期待しています。


<最終順位> (前回2014)
1位 (2) 日本 ※初優勝
2位 (6) 韓国
3位 (3) 中国
4位 (1) イラン
5位 (4) チャイニーズタイペイ
6位 (-) タイ
7位  (8) オーストラリア
8位 (-) ミャンマー
9位 (5) スリランカ
10位 (-) バングラデシュ
11位 (13) ホンコンチャイナ

※上位4チームが世界ユース選手権(2017/バーレーン)の出場権獲得

<全日本ユース男子バレーボールチーム>
*1 宮浦 健人  1999 189 WS 早稲田大学1年 (C)
*2 中村 駿介  1999 187 S 早稲田大学1年
*3 樫村 大仁  1999 196 MB 慶應義塾大学1年
*4 鍬田 憲伸  1999 188 WS 鎮西高校3年
*5 上條 レイモンド 1999 195 MB 習志野高校3年
*6 仲濱 陽介  1999 177 S 星城高校3年
*7 西田 有志  2000 185 WS 海星高校3年
*8 真柄 拓実  1999 187 WS 崇徳高校3年
*9 佐伯 聖海  1999 186 WS 東福岡高校3年
10 市川 健太  1999 177 L 大村工業高校3年
11 佐藤 駿一郎 2000 203 MB 東北高校2年
12 大塚 達宣  2000 192 WS 洛南高校2年
監督:本多 洋 (崇徳高校) コーチ:竹内 裕幸 (星城高校) コーチ:朝長 孝介 (大村工業高校)